ユダヤ5000年の知恵を、ユダヤ教のラビ:マービン・トケイヤー氏

から学びます。書の民は、何を書籍に記録しているのでしょうか。



ユダヤ商法 |加瀬 英明 /マーヴィン・トケイヤー

ユダヤ商法
ユダヤ商法
posted with amazlet on 06.01.31
マーヴィン・トケイヤー 加瀬 英明
日本経営合理化協会出版局 (2000/09)
売り上げランキング: 171,316
おすすめ度の平均: 5
5 ユダヤを知るのではなく生き方を学ぶ。


ユダヤ商法の「十戒」
第1戒 正直であれ
第2戒 好機をとらえろ
第3戒 生涯にわたって学べ
第4戒 時間を貴べ
第5戒 笑え
第6戒 使命感を持て
第7戒 過去から学べ
第8戒 話す倍聞け
第9戒 弱者に施せ
第10戒 家族を大切にせよ


(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)


●素晴らしい本です。国を持たないユダヤ人の知恵には感服します。でも、価格が高い。これでは、お金持ちか、本当にこの本の価値を知っている人しか買わないのではないでしょうか。でも、読まなくては、その価値を知りえないのです。つまり、人の書評を信じるしかありません。

●私の提案としては、この本を読むまえに、次の本を読んで、その価値を認めたなら買ってください。価格はぜんぜん違いますが、内容的には同じくらい素晴らしい本です。「ユダヤ商法」は価格が高いので★★★★にしてるだけで、内容は★★★★★です。下の本がいいと思ったら、「ユダヤ商法」も購入する価値があるはずです。

「ユダヤ5000年の教え」ラビ・マービン・トケイヤー、実業之日本社(2004/03)¥1,365
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・ユダヤ人は金を道具だと思っている。道具に支配される者はいない。だから、道具である金はたくさんもっていたほうがよいとされるのである。(p41)
(この道具に支配されちゃう人が多いんですよね。わたしもメルマガに支配されないようにしないと。)


・ロスチャイルド家は300年も前から、情報が金を生むことを知っていたのである。(p107)
(日本人は比較的情報の価値に無頓着なようです。本の売り上げは下がっています。このメルマガも無料です。)


・『タルムード』は、一クラス二五人を超えることを禁じている。(p134)
(クラスが四十人もいると、まともな教育はできないことを、ユダヤ人は知っていたのですね。日本の学校はいまだに知らないようです。)


・『タルムード』では、【自分の下に『私にはわかりません』という言葉を千回繰り返して教えなさい】といった教えが頻繁に出てくる。(p139)
(なんか聞いたことがあるような。「ツイてる」「ツイてる」「ツイてる」「ツイてる」「ツイてる」「ツイてる」・・・・ここからのパクリかな?)


・『タルムード』によれば、イマジネーションを作動させるためには三つの引き金があると説いている。それは「自己あるいは他人との対話」「読書」「執筆」の三つである。(p148)
(最近、執筆の不思議な力に注目しています。それに、他人との対話の機会も作らなくては!)


・知力を高い水準に保つには、いつも新しい知的な刺激を受けることが必要だということは、運動ほどにはよく認知されていない。(p151)
(生涯にわたって学べ、ということですね。)


・ほかの人よりも優れている人は、本当に優れているとはいえない。以前の自分よりも優れている人は、本当に優れている人と呼べる(p155)
(まったくその通り!恐るべしユダヤの知恵)

「ユダヤ商法」マーヴィン・トケイヤー、日本経営合理化協会(2000/09)¥10,290
(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)

【マービン・トケイヤーの経歴】
 1936年ニューヨーク生まれ。大学卒業後、ユダヤ神学校でラビの資格を取得。

 1962年米軍の従軍ラビとして初来日し、1964年まで日本で過ごす。

 1967年に再来日し、ラビ(教師)として日本ユダヤ教団に勤務。

 1976年まで日本に滞在し、ユダヤ人と日本人の比較文化論を発表。

 米国に帰国後、ユダヤ人学校の校長を歴任。現在ニューヨーク州在住。

 ユダヤ思想、教育論、日本人論等に関する著書多数