ユダヤ5000年の知恵を、ユダヤ教のラビ:マービン・トケイヤー氏

から学びます。書の民は、何を書籍に記録しているのでしょうか。



聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎 |ラビ・マーヴィン トケイヤー

聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎聖書に隠された日本・ユダヤ封印の古代史―失われた10部族の謎
ラビ・マーヴィン トケイヤー
徳間書店 刊
発売日 1999-01
価格:¥1,890(税込)




古代日本史への問題提起 2005-08-25
本書は極めて優れた問題提起の書であると思う。
以前から、神道と古代イスラエルとの関係を指摘する人は国内、国外に少なからずいた。しかしそれらは、国内ではオカルトまがいな奇説として相手にもされなかったのが実状だ。しかし、頭ごなしにオカルトと決め付けるのは、真に学問的な態度とは言えない。本書は決して無視できない類似性を明解に説いている。少なくとも一度読んで見てから批判するべきであり、本書はそれだけの学問的批判の対象となるに値する本であると思う。日本古代史の研究には、神道、天皇の起源等、日本人としてのアイデンティティーと密接に関わってくる事柄がある為、反射的な拒否感を感じる人もいるかもしれない。しかし、タブーを恐れることなく、歴史の事実が何であるかを見極める必要があると思うし、批判であれ、賛同であれ、学問的な議論をすることが重要である。


さらに詳しい情報はコチラから(クリック)≫


この記事は2006/4/30に作成しました。

【マービン・トケイヤーの経歴】
 1936年ニューヨーク生まれ。大学卒業後、ユダヤ神学校でラビの資格を取得。

 1962年米軍の従軍ラビとして初来日し、1964年まで日本で過ごす。

 1967年に再来日し、ラビ(教師)として日本ユダヤ教団に勤務。

 1976年まで日本に滞在し、ユダヤ人と日本人の比較文化論を発表。

 米国に帰国後、ユダヤ人学校の校長を歴任。現在ニューヨーク州在住。

 ユダヤ思想、教育論、日本人論等に関する著書多数