ユダヤ5000年の知恵を、ユダヤ教のラビ:マービン・トケイヤー氏

から学びます。書の民は、何を書籍に記録しているのでしょうか。



    

ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ |マービン トケイヤー

ユダヤ5000年の教え―世界の富を動かすユダヤ人の原点を格言で学ぶ
マービン トケイヤー Marvin Tokayer 加瀬 英明
実業之日本社 (2004/03)
売り上げランキング: 12,526
おすすめ度の平均: 4
4 いい言葉ばかりです。
4 ユダヤの民はとにかく考える。
4 5000年の叡智を自分のものに


(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)


●ユダヤ人は聖書やタルムードを学びます。驚くのは、そこに成功法則と同じことが書かれていて、今も改訂されているということです。極端に考えれば、仏教の聖典に「商売心得帖」や「7つの習慣」の内容が書いてあるようなものです。

●これを宗教として一生学んでいくのですから、ユダヤ人に成功者の比率が大きいのに納得します。

●日本でも、人生の智恵、商売の智恵は書籍として出版されていますが、ユダヤのように一冊にまとめられていません。一日数百冊が発行されるのですから、フォローしようがありません。このメルマガの存在意義は、そこのところにありそうです。


■この本で私が共感したところは次のとおりです。


・おそらく世界のなかで、ユダヤ人と日本人ほど、教育熱心な民族はあるまい。・・・ユダヤ人は「本の民族」と呼ばれている。本とは聖書のことだ。・・・今日、日本の若者の活字離れが進んで、向上心が衰えているのは心配である。(p2)
<私も心配です。>


・賢人とは誰か?あらゆる人から学べる人。
 強い人とは誰か?感情を抑えられる人。
 豊かな人とは誰か?自分のもっているもので満ち足りている人。
 人に愛される人とは誰か?あらゆる人をほめる人。(p56)
<成功本によく書いてある内容ですね。>


・生物のなかで人間だけが笑う。
 人間のなかでも、“賢い者ほどよく笑う”。(123)


・人は金銭を時間よりも大切にするが、そのために“失われた時間”は金銭では買えない。(p33)


・空腹のときは歌え。傷ついたときは笑え。(p52)
<人間は動作で気持ちをコントロールすることができるのです。>


「ユダヤ5000年の教え」ラビ・マービン・トケイヤー、実業之日本社(2004/03)¥1,365
(評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)

     

【マービン・トケイヤーの経歴】
 1936年ニューヨーク生まれ。大学卒業後、ユダヤ神学校でラビの資格を取得。

 1962年米軍の従軍ラビとして初来日し、1964年まで日本で過ごす。

 1967年に再来日し、ラビ(教師)として日本ユダヤ教団に勤務。

 1976年まで日本に滞在し、ユダヤ人と日本人の比較文化論を発表。

 米国に帰国後、ユダヤ人学校の校長を歴任。現在ニューヨーク州在住。

 ユダヤ思想、教育論、日本人論等に関する著書多数